トップページ > トピックス >近畿地区JA青壮年組織による農産物PR販売を実施

トピックス

    トピックス  
    わかやまの農林水産業  

トピックス

近畿地区JA青壮年組織による農産物PR販売を実施

 近畿地区農協青壮年組織協議会は1月18日、「近青協農産物PR販売会」をJA紀の里ファーマーズマーケットめっけもん広場で実施した。6府県の青壮年組織の関係者が近畿産の野菜や果物、特産品などを陳列し、訪れる来店客らに「やっぱり国産農畜産物推進運動~みんなのよい食プロジェクト」のPRとともに販売した。

 

 関係者約30名が午前9時から販売を開始。めっけもん広場を訪れた来店客らにイチゴやミカンなどの約30品目を売り込んだ。

 

 参加した和歌山県農協青年部協議会の小森要会長(37)は「みんなのよい食プロジェクトの運動の一環として、安全安心で新鮮な国産農産物の良さを一人でも多くの消費者に伝えるために企画した。近畿の盟友が集まり仲間としての絆を深める活動を今後も実施したい」と話していた。

 

ページTOPへ

サイトマップご利用にあたってお問い合わせ
Copyright(C) 2010 JA-Group Wakayama All rights reserved.