トップページ > トピックス > 県青協委員事務局合同会議をJA紀南営農生活本部にて開催しました

トピックス

    トピックス  
    わかやまの農林水産業  

トピックス

県青協委員事務局合同会議をJA紀南営農生活本部にて開催しました

和歌山県農協青年部協議会(県青協)では2月8日(水)にJA紀南営農生活本部にて県青協委員・事務局合同会議を開催しました。

同会議は県内各JA青年部の部長・事務局が参集し、日々の青年部活動の報告や今後の青年部活動等について協議するものです。普段は県青協事務局(JA和歌山中央会)があるJAビルで開催していますが、年に1度JAで会場を借りて会議を開催し、あわせてJAの施設等を見学させてもらっており、今回はJA紀南営農生活本部での開催になりました。

今回の会議では2月23日(木)に迫った、県青協通常総会の議案について、県青協の委員である、県内各JA青年部長に協議いただきました。また、先日行われた「近畿地区JA青年大会」の結果報告や、JA紀南青年部が行う「JA紀南青年部アグリセミナー」、JAわかやま青年部が実施する婚活イベントの告知がありました。

 会議終了後は田辺市上秋津にある「秋津野ガルテン」の視察を行いました。田辺市上秋津は古くから住民自らによる地域づくりが盛んな地域で、「秋津野ガルテン」は住民らの出資によって設立されたグリーンツーリズム施設です。

県青協会長の野久保さんの母校でもある上秋津小学校の旧木造校舎を活用した同施設の教室で代表取締役専務の木村さんから、上秋津の地域づくり・活性化の経緯など詳しく教えていただきました。活気ある地域の三要素は「地域のコミュニティがあること」「働く場所があること」「外から人が訪れること」である。という木村さんの言葉にとても感銘をうけました。

 

 

秋津野ガルテン視察の様子

ページTOPへ

サイトマップご利用にあたってお問い合わせ
Copyright(C) 2010 JA-Group Wakayama All rights reserved.