トップページ > トピックス > 台風12号にかかる青年部ボランティア活動を実施しました

トピックス

    トピックス  
    わかやまの農林水産業  

トピックス

台風12号にかかる青年部ボランティア活動を実施しました

平成23年9月の台風12号による豪雨により、和歌山県の南部において特に大きな被害が発生しました。和歌山県農協青年部協議会(和歌山県青協)では、近畿地区の1府3県のJA青年部の協力のもと台風12号で被災した和歌山県那智勝浦町を訪れ、ボランティア活動を実施しました。

この活動には和歌山県農協青年部協議会の呼びかけに応じた、京都、滋賀、奈良、和歌山の青年部員ら総勢41名が参加し、10月の13・14日の2日に渡り、側溝に詰まった泥のかき出し、住宅の部材の運びだし、菜園の復旧作業などを行いました。

被災から1か月が経過しており、那智勝浦町では、営業を再開している商店や、通行が可能になった道路があるなど、復旧作業が進んでいるようでした。しかしながら、折れ曲がったガードレールや泥だらけの放置された自動車など、災害の恐ろしいつめ跡がところどころで見られました。

今回のボランティア活動については、急な呼びかけにも関わらず、多くの青年部の皆さまにご参加いただき実現しました。今後とも、青年部の組織理念の一つである、「農業を通じた地域社会貢献」を実践していきたいと思います。

被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

~ボランティア活動にご参加いただいた皆様~

滋賀県青協5名
京都府青協1名
JAならけん青壮年部4名
和歌山県青協27名(JA紀の里青年部8名、JA紀北かわかみ青年部3名、JA紀州中央青年部4名、JA紀南青年部12名)
事務局4名

計41名



    

     

 

ページTOPへ

サイトマップご利用にあたってお問い合わせ
Copyright(C) 2010 JA-Group Wakayama All rights reserved.