トップページ > トピックス > 和歌山県21世紀ちゃぐりん大会のタイムカプセルの開封

トピックス

    トピックス  
    わかやまの農林水産業  

トピックス

和歌山県21世紀ちゃぐりん大会のタイムカプセルの開封


    

2001年8月5日 JAありだで21世紀を担う子どもたちに対して、食料・農業・農村の大切さの理解を深めてもらうことを目的に、「和歌山県21世紀ちゃぐりん大会」を開催しました。大会には、ちゃぐりん読者(児童)、保護者等128名が参加しました。

そのなかで、「わたしの夢・ぼくの夢 2010年(10年後)はどうしているのかな・・・」と10年後の夢を参加者に記入してもらいました。参加者それぞれに思い思いに記入してもらった文章はタイムカプセルに封じ、JA和歌山中央会にてこれまで大切に保管してきました。

それから10年が経過した、2010年8月5日、それぞれの夢を封じたタイムカプセルはJA和歌山中央会山崎専務によって開封され、10年後の夢や当日の資料・新聞はカプセルから出されました。記入された「わたしの夢」をを参加者に近日中にお返しする予定です。

10年間の時代の経過、10年前の自分の思いを振り返っていただき、なにか感じていただくところがあれば幸いに思います。

なお、タイムカプセルに関するお問い合わせはJA和歌山中央会地域振興部(073-426-8016)までお願いいたします。

 

 

ページTOPへ

サイトマップご利用にあたってお問い合わせ
Copyright(C) 2010 JA-Group Wakayama All rights reserved.